平成30年11月20日火「林修の今でしょ」にて放送された「おでん」の良さについて | 大阪府岸和田市の食品メーカー「別寅」

天下一品・伝統の味 別寅かまぼこ株式会社 > 別寅ニュース > 平成30年11月20日火「林修の今でしょ」にて放送された「おでん」の良さについて

平成30年11月20日火「林修の今でしょ」にて放送された「おでん」の良さについて

2018年

11月20日テレビ朝日放送、「林修の今でしょ」にて

おでん」がインフルエンザ等に対抗するための、免疫力アップに有効であるという放送がされました。

 

今年の猛暑により免疫力が下がっている現在、インフルエンザ等の

感染症に注意が必要。

 

免疫力は免疫細胞、小腸に7割影響し、食べ物に関係する。

多種の栄養を摂取するには、具材豊富なおでん。200種類あるといわれる

栄養素を一食で採れる、優れたものということです。

 

人気具材ベスト 15の中に、練り製品が、3つランクイン(当社の商品名)

15位ごぼう巻(ごぼう天)

12位さつま揚げ(ひら天)

4位ちくわ(煮込みちくわ)

 

 

名医が勧める、免疫力アップ具材ランキングベスト5

ベスト5位ちくわ!!

ちくわパワー

魚肉タンパク質がウイルスと戦う材料となる

腸から吸収されると抵抗力が強くなる。

外敵に攻撃する、免疫グロブリンは魚肉タンパク質から作られる。

魚肉タンパク質は脂肪がなく、密なもので、効率的にタンパク質がとれ、

腸内での吸収率が抜群。

おでんで食べることで、熱でタンパク質がペプチドとなり、より吸収しやすいとの事。

又、じゃがいもと一緒に食べることで、魚肉タンパク質をより効率的に吸収率が上がると

紹介されてました。

又、米との相性も良く、米だけでは補えないアミノ酸をちくわのもつアミノ酸が良質なタンパク質に

変えてくれるそう。

 

一日必要なタンパク質20グラムの内、ちくわ一本で約1/4摂取できるとの事。

 

練製品は塩分が多めなので、湯通ししてから投入するのがよいそう。

 

名医が勧める免疫力アップ上位食材

4位がんもどき

3位ロールキャベツ

2位昆布

1位たまご

 

お電話でのお問合わせは
072-431-3661
営業時間:9:00~18:00

〒596-0061
大阪府岸和田市大北町7-22

交通アクセス